センター試験~新テストへ

センター試験に代わり、2020年から始まる新テストの英語では、
民間試験を活用するということは決まっているようですが、
試験を行う場所をどうするのかということが問題になっていたようですが、文部科学省によると、会場は使用料がかからない公立高校になるのではないかということです。

前回、民間試験を利用するなら、過去問もあるので、民間試験の過去問演習をすることで新テストの対策ができるというお話をしました。

ただ、センター試験に代わって利用されることになるだろう英語の試験の候補は8種類もあるそうです。
そのため、どういった利用方法になるかはまだ決定していないようです。

また、この試験は、これまで社会人も多く受験してきたわけですが、
大学受験のための試験は別枠で実施してもらうよう要請するということです。

また、センター試験は1月の1回だが、高校3年の4~12月に2回まで受験できるようにするということです。

また、センター試験と違い受験料が高額になるため、
家庭の経済事情で複数回受けることが難しいなどの問題が起こることも懸念されているようです。

新テストは、平成32年度から開始され、
3年間は民間試験とこれまでのマークシートの形を並存させるということです。 

センター試験にはない「書く・話す」の力の評価を民間テストで目指して行くわけですが、
どういった形で移行するのかがわからないと、
勉強する受験生も大変ですよね。

まずは、これまでのセンター試験+英検など民間試験の過去問を使って過去問対策を行って行くことになるのではないでしょうか。