カテゴリー: 夏まで

もうすぐ夏休み♪

7月になって既に1週間ですが、各地ではゲリラ豪雨と呼ばれる局地的な大雨による被害が多くなっています。もうすぐ本格的な夏ですが、雨対策もきちんとしておきましょう。

さて、そんな7月ですが、センター試験控える受験生にとっては大切な時期でもあります。進学塾や予備校では、センター試験対策として夏期講習やセンター試験模試なども実施されますし、高校3年生の現役生も夏休みからは本格的に受験勉強に取り組み始めます。

センター試験の過去問やってますか?

受験勉強の基本は学校で学んだ基本学習のおさらいですが、センター試験の過去問をみっちりとやることで効果的に基本が身についていきます。センター試験は学校の学習範囲以外からは出題されませんから、学習範囲を広く網羅するには最適です。過去10年分くらいのセンター試験過去問をやれば確実に実力がつくと思います。

やはり夏の暑い時期に、どれだけ汗をかけるかが大切です。

この夏休みにセンター試験過去問をしっかりとこなしていければセンター試験対策の準備はバッチリだと思います。もちろん、大学受験対策は二次試験対策も大切ですが、二次試験のほうは赤本を中心に徐々に手をつけていけば大丈夫でしょう。

センター試験過去問で自分の弱点、補強が必要なポイントを早めに炙り出して重点的に穴埋めしていきましょう。過去問を5年分できれば、当面はOKです。現役生も9月くらいからは積極的にセンター試験模試を受けて実力を判定していきましょう。

Categories: 夏まで

来年度のセンター試験概要発表

先日、来年度のセンター試験概要が発表されました。

『来年は1月15、16日=センター試験』
(時事ドットコム|2010年6月11日)
 大学入試センターは11日、来年のセンター試験を1月15、16日に行うと発表した。1日目に公民、地理歴史、国語、外国語、2日目に理科(1)、数学 (1)、数学(2)、理科(2)、理科(3)の順で実施する。
-----(以下省略)-----

まだセンター試験と言ってもあまりピンとこないかもしれませんが、今の時期から過去問などを数多くこなしてセンター試験本番に備えていきましょう。

特に6月は梅雨入りして外は雨降りになることが多い季節です。外出するよりも家にこもって勉強三昧、というのもいいんじゃないですか。図書館などはエアコンも利いているので快適ですし、連日の図書館通いは結構おすすめですよ!

この時期にセンター試験の過去問を5年間分くらいこなしていくのはいい対策だと思います。

過去問をやることによって自分の弱点をしっかり把握して、まずは自分の実力チェックが重要です。センター試験の過去問は良い教材だと思います。センター試験の過去問は、内容的にも受験範囲の網羅は完璧ですし、基本事項を学ぶのには申し分のない教材になります。

夏休みはセンター試験の過去問を活用して弱点補強をしておくのがいいでしょう。過去問を5年間分ほどやれば、出題傾向もみえてきますし、弱点補強にはもってこいですよ!

Categories: 夏まで

夏休みまで2ヶ月余り。。。

大学進学を目指す受験生の皆さんは、まずセンター試験に挑まなければなりません。現在センター試験は、国公立・私立の合わせて800近くの大学・短大が入試に利用しています。加えて各大学が入試問題を作成する際にセンター試験を参考にしているとも言われていますので、”センター試験対策=受験対策”ともいえるわけです。

[夏までのセンター試験対策]
5月も中旬を迎え、現役生の皆さんは1学期の中間テストの時期だと思います。まだ、部活動も忙しく、センター試験対策も本格的に取り組めてないかもしれませんね。

しかし、夏休みまで2ヶ月余り、日数にしても60日程度となっています。思ったよりも時間が無いことを認識しておきましょう。夏休みまでに受験勉強出来る環境づくりをしていかなければなりません。”環境づくり”といっても、周りのことだけでなく、自分自身の勉強に対する取り組み方、時間配分、スケジューリング、受験対策に使う問題集や参考書などです。

夏休みになってから、一からスタートするというのでは遅れをとってしまいます。夏休みになったらすぐに全力で受験勉強できるように今から調整していくわけです。

まずはセンター試験対策となりますが、自分の苦手分野・得意分野を知るためにも早めに過去問や模擬試験をこなして自分の分析を行いましょう。自分を知ることから、センター試験対策を始めましょう。

時間はあるようでないものです。夏休みにしっかりと受験勉強出来るように今から準備を始めましょう。

Categories: 夏まで