カテゴリー: 新年度

2013年センター試験過去問

2013年のセンター試験も終わりました。
来年は、このセンター試験が「過去問」となるわけです。

様々な過去問集が出ていますが、その年のセンター試験の問題についてはこの時期に勉強するのが一番良いでしょう。

過去問を参考書として見る時、優れているためには、
問題解説もちろん、解説が詳しくなければなりません。

そして、センター試験を最も詳しく分析し、解説しているのがこの時期です。

様々な予備校や進学塾がこぞってホームページ にセンター試験の解説を載せています。
毎年この問題を理解して勉強して行けば、
過去問使った勉強法としてはとても良いものになるのではないでしょうか。
過去問集は、色々出ていますが、ぜひこれは参考してみてください。

特に今年難しいと話題になっていた「国語」、しっかりと勉強しておかねばなりません。
河合塾や東進でも、解答例や解説と共に、来年の受験生ためのアドバイスも載っているのです。
今回の国語は、現代文の出来がカギを握る問題とのことで、
ちまたで国語の難しさは異常・・等、様々な噂を耳にしましたが、
古文・漢文は例年並みだったとのことです。
例年「評論文」が出典になっていた第1問の現代文だが、今回のセンター試験は小林秀雄の文章で、「随筆」といえるものだったのです。

センター試験対策としては、過去問中心に勉強している人が多いとは思いますが、
今回は、その例からは少し外れてしまっていたのですね。
第2問の「小説文」は牧野信一の小説「地球儀」の全文が出典されていました。
主人公のおかれた立場を理解し、心情を的確にとらえるのはやや難しい文章で、しかも選択肢の選び方が、なかなか難しかったようです。

Categories: 新年度

センター試験の出題教科と科目

毎年行われているセンター試験も、年々その形態が変化しています。
平成24年度からは、公民や地理歴史の選択方法に変化がありました。
これによって、過去問でのセンター試験対策も若干変更することになるかと思います。
以下に今後のセンター試験の出題教科と科目についてまとめるので、ぜひお役立てください。

【国語】
 →国語

試験時間は80分。

【地理歴史】
 →世界史A
 →世界史B
 →日本史A
 →日本史B
 →地理A
 →地理B

【公民】
 →現代社会
 →政治・経済
 →倫理
 →政治・経済、倫理

※地理歴史、公民から合わせて1科目、もしくは2科目選択
1科目選択の場合、試験時間は60分。
2科目選択の場合、試験時間は130分。

【数学①】
 →数学Ⅰ
 →数学Ⅰ・数学A

試験時間は60分。

【数学②】
 →数学Ⅱ
 →数学Ⅱ・数学B
 →工業数理基礎
 →情報関係基礎
 →筆記・会計

試験時間は60分。

【理科】
 →理科総合A
 →理科総合B
 →生物Ⅰ
 →化学Ⅰ
 →物理Ⅰ
 →地学Ⅰ

1科目選択の場合、試験時間は60分。
2科目選択の場合、試験時間は130分。

【外国語】
 →英語
 →中国語
 →韓国語
 →フランス語
 →ドイツ語

試験時間は筆記80分、リスニング60分(うち解答時間30分)
※リスニングは英語のみ。

※これまでとの違い
 ・公民に倫理、政治・経済が新設。
 ・歴史から2科目、公民から2科目が選択可能に。
 ・理科から最大2科目選択可能に。
 ・試験時間にも変更有。

Categories: 新年度

新年度スタートです!

4月です。今週は始業式、入学式などイベントずくしで勉強どころではないかもしれません。気持ちも晴れやかに新しいシーズンをむかえましょう!

さて新学期早々ですが、新たに受験生になられた方は受験シーズンのスタートです。国立大学への進学を目指す方はもちろん、私立大学志望の方もセンター試験は受けるので、今からセンター試験対策を始めていきましょう。

高校3年生の方は、まだ部活動も忙しく受験勉強どころではないという生徒の方もいらっしゃいますが、部活は部活、受験勉強は受験勉強と分けて考えましょう。センター試験対策は特に今の時期からしっかりと準備して進めていく必要があります。

夏休みの中頃までに一通りのセンター試験対策はすませるスケジューリングをしていきましょう。9月以降はセンター試験対策に加えて、二次試験対策もしていく必要があります。時間的にも今からはじめないと後々大変になってしまいます。

さて、これから始めるセンター試験対策のスタートは過去問をとりあえずやっていくことから始めましょう。それも最初は本番さながらに時間を測ってやってみましょう。全科目するのが大変なら、国語・数学・英語の3科目だけでもやってみましょう。
その際に出た結果がスタートラインになります。出来たところ、出来なかったところの確認をすることで今後の勉強のスケジューリングがしやすくなります。

センター試験の過去問は、自分の理解度チェックをするためのとてもいい参考になります。

Categories: 新年度

4月

4月も1週間が過ぎ、新学期スタートです。
短かった春休みも終わって新たなスタートです。中学3年生、高校3年生、新たに浪人生になられた方は来年の入試に向けて受験対策を始めていきましょう。

まだ4月だし、早いんじゃないの?
という声も聞こえてきそうですが、1年なんてあっという間です。今から準備し始めても早すぎることはありません。逆に今から始めないと間に合わないとも言えます。

とくに大学受験は、センター試験対策と二次試験対策をしなければなりません。
センター試験についても、今年度からは過去問が解禁されるとも言われています。つまり、今までにも増して過去問をこなしておく必要が出てきたというわけです。ライバルたちに差を付けるためにも早めのセンター試験対策が重要です。

また二次試験対策についても、過去問の重要性は年々増すばかりです。
まだ志望校を決めていない方も早めに志望校の選定を行っておきましょう。夏休み前までにある程度絞り込んでおく必要があるでしょう。

成績次第の部分もあるので、1つに絞り込むのは難しくてもある程度の数までに絞っておきましょう。
夏休み明けくらいから赤本などで過去問を中心に二次試験対策にも取り掛かれるように準備しておくと時間的にも余裕が出てくるのではないでしょうか。

とにかくこの4月から勉強の習慣を身体に染み込ませておくことで、秋以降の受験対策本格化への布石を作っておきましょう。
何事も準備がたいせつですよ!

Categories: 新年度